空は、見渡す限り真っ青だった。

遠くの方に、小さい雲が見えた。
その脇には、もう少し大きな雲があった。

スズメが二羽、横切っていった。

鳩も二羽、横切っていった。

ついでに、カラスも二羽、横切っていった。

次は何が横切って行くのだろうか?
オスカルは、ワクワクして見ていたが、それぞれ、連れ合いが居て羨ましいと思った。
しかし、もしかしたら、彼等も月誕生日なのかもしれない。・・・と、思う事にした。

そこに、iPhoneの着信音が聞こえた。
また、ド・ギランドからだった。

「悪いが、持て余している隊員がいるのだ。
フレデリックの代わりと言っちゃなんだが、
引き取ってくれないか?」

とだけ、書かれていた。
どんな経歴を持ち、軍人としてどうなのか?全く書いていない。
海軍で持て余しているのなら、衛兵隊に来ても、困りものだろう。
オスカルは、そう書いて返信しようとした。

するとまた、着信音がした。
オスカルは、オスカルの石の上に座りなおした。
仏頂面して、顔認証をした。

また、ド・ギランドからだった。
「悪い、悪い、奴の事を書くのを忘れた。
一言で言って、『女好きだ』。
寄港する、港、港・・・に女が居て、愛人にしているのなら、構わないが。
全員と、結婚している。
ちょいと、ヤバいので、一つ所に定住させたい。

一昨日、こっちを発ったから、そろそろ着くだろう。
あ!名前は、ロジャー・メドウス・テイラーだ!

太鼓をぶっ叩くのが得意だから、力はあるし、
軍楽隊に、入れても大丈夫だ!
俺が、太鼓判を押す!

それと、奴はかなりのイケメンだ。
おまえも、惑わされないよう、気を付けろよ!
で、今日は、楽しい事はあったのか?」

と、あった。
『女好き』・・・か。オスカルは、ロドリゲのような男だろうか?と、考えた。
が、相変わらず、太鼓が叩けるだけで、軍歴が書いていない。
でも、ド・ギランドらしいな。・・・と思った。
それに、こちらからの返事もなく、もう船を降りて、ヴェルサイユに向かっているらしい。

新しい隊員が着任する。女好きの・・・。
だけど、このわたしが、アンドレ以外の男に目を向けると思っているのか?
ド・ギランドめ!

「楽しい事・・・何も無し!」と、
ド・ギランドに送った。
序に、スタンプも、勿論怒りマークである。

しかし、アンドレと会えないここの所、ド・ギランドと、LINEでやり取りするのが日課となった。それはそれで、楽しいものだった。ド・ギランドは、オスカルの事を心から心配してくれ、どうでもいい事・・・飯は食ったか?・・・夜は眠れたか?・・・こっちは荒天で、船が揺れて大変だ。・・・

ほんの何分かのやり取りだったが、気がまぎれた。
なにより、やはり彼がゲイだという事に、安心感があった。

程なくして、(その日は、珍しくちょこちょことLINEが来た。・・・フレデリックの件もあったが・・・)
「ロドリゲや、ラ・トゥールとは、会っていないのか?
アイツらと、気晴らしでもしたらどうだ?」

ふ~!ため息をついた。二人の親友は、先日の、月誕生日までの間、サボっていた軍務ではなく、相手にしていなかった、ロドリゲは、愛人。ラ・トゥールは家庭サービスに忙しかった。

そんなこんなで、オスカルの事は二の次で、だったら、オスカルから誘えばいいのだが、今まで、殆どド・ギランドがヴェルサイユ四剣士隊を招集していた。

他のものが、招集する事も稀には、あった。しかし、オスカルの場合は、頃合いを見計らって、アンドレがド・ギランドに招集するように頼んでいたので、タイミングというのを計りかねていた。

オスカルが、また、不機嫌と寂しさの淵に飛び込もうとすると、iPhoneが鳴った。
しかし、オスカルは、何らかのニュースだろうと思った。

この平和なフランス、どこぞの畑の麦の育成が良い。だとか、どこぞの漁港の水揚げが良かったなどの報告だろうと、腹の上にiPhoneを置いたまま、空を眺めていたが、気になって、スマホを取り上げた。

しつこく、ド・ギランドだった。
面倒くさそうに、オスカルは、面倒くさい顔で顔認証した。

「忘れていた。けど、おまえは覚えているよな?
だったら、しつこいかもしれんが・・・」
ここまで、読んで・・・しつこいんだよ!・・・と、オスカルは顔をしかめた。

が、親友が軍務に追われながら、送ってくれたLINEだ。
最後まで、読んでやるか、と目を通した。

「知っていると思うが、
今度の月誕生日は、アンドレのホントの誕生日だぞ!
思いっ切り、愛情があふれたプレゼントを忘れるな!
オトコのプレゼントに、困ったら、いつでも相談に乗るからな!」

と、あった。
一気に、オスカルのテンションが、上がった。
わお!アンドレの誕生日か、・・・
すっかり忘れていた。

月誕生日だけ、覚えていて・・・。
その日にしか、会えない事を寂しがって・・・。
一番肝心な事を忘れていた。

テンションが上がったから、目障りなジェローデルが言っていた、面倒くさい文書とやらをやっつけて、他の仕事にも手を付けるか。
オスカルは、石の上から身軽に飛び降りると、足早に司令官室のある建物へと向かった。
その後ろを、ロジェが付いて行く。

  *******************

その日も遅くなった頃、最近は、オスカルを送っていく。・・・と言う名目で、残っていたジェローデルが、珍しく(?)書き物に集中しているオスカルに、声を掛けた。

「オスカル嬢、何をそんなに熱心に書いておられるのですか?
そろそろ、日も暮れます。今日はもう、お帰りになった方が宜しいのではありませんか?

それとも、この私と、ディナーなどを、ご一緒願えるのなら、特別に豪華なレストランにお連れ致しますが・・・」

それを、オスカルは、まだ居たのか?と言った目で見ると、慌てて、何かをしたためていた紙を裏返した。そして又思った。この男は、食事に誘うにしても、帰宅を勧めるにしても、なんで、こんなにクドクドと、言葉を並び立てるのだろうか?

そして、やはり想いはアンドレへと行く。
アンドレなら、・・・オスカル!今日はよく働いた。この辺で帰ろう・・・とか、・・・オスカル!飲みに行くか!(ウインク)・・・で、終わるのに・・・。
やはり、早く遠ざけないと、この癖がうつってしまったら、大変だ。

オスカルは、努めて明るく、
「ああ、君は、帰っていいぞ。
わたしは、久し振りに、夜勤に顔を出そうと思っている。
明朝は、少し遅れて出仕するから、おまえもそのつもりでいてくれ」

と言うなり、腰に剣を装着し、ロジェには剣と、銃を持たせてついてくるよう命じた。
これで、言葉数の多い男と離れられると、部屋の外に出た。
すると、オスカルに、また、声が追ってきた。

うんざりした、オスカルは、キッと睨みつけ、これ以上何も言わないよう、目で命令した。
この方法で、失敗したことはなかった。しかし、この男は違った。

マドモアゼルから、付いて来い!と言われたのだと、勘違いしてしまった。
メイッパイの、とびきりの敬礼をして、
「貴女の為なら、何処までも、お供させて頂きます!」
と、言った。

オスカルは、もうもう、何も言う気はなくなってしまった。だが、夜勤の間ずっと、この男が後ろにいると思ったら、ゾッとした。しかし、この男には、フランス語は通じないようである。ふと、ジェローデルの側に控えるコルミエ少尉が、目に入った。

オスカルは、(彼には罪はないので・・・)丁寧に、今夜の夜勤は、ジェローデル少佐が廻るほどの事は無いので、2人で帰宅するよう告げた。
コルミエ少尉も、(彼は、やはりフランス語が通じるらしい・・・)素直に敬礼して、馬車の用意をさせるべく準備を始めた。

  *******************

オスカルは、ロジェを従えて、庭園をゆっくりと廻っていた。夜風が気持ち良かった。平和なフランス、それも国王のお膝元、ヴェルサイユに賊など現れる事もなく、夜勤など儀礼的な物になっていた。

それでも、一応軍隊・・・王宮警備が名目の・・・が、ある以上、任務を果たさねばならなかった。

庭園の一角に、第1班がたむろしていた。

あ~あ、暇だよなぁ~
コソ泥くらい、来てもいいのになぁ~

と、近くの茂みが、ザザ・・・と音がした。
「まてっ
あやしいやつ!」アランがすかさず銃口を向けた。
「逮捕する!」

この展開に、茂みから出てきた男は、たじろいだ。
アランは、容赦しない。
「名を名乗れ!」

すると、男は、
「怪しい者ではない、通せ!」
と、タカビーに言った。

これに、頭に来たアランは、
「ふざけるな!!
名を言えないというのなら、
詰所まで、きてもらおう!」
と、マニュアル通りの事を言った。

ホントは、こういう事態が初めてだったので、少々上がってうわずった声になったが・・・。
しかし、タカビーな男は、ひるむ事無く、さらに、上から目線で、言った。
「通せと言っているのだ、衛兵!!」

こんな風に言われたら、初めての事で、上がっていたアランは、今度は頭に血が上り始めた。こうなったら、面白い。退屈な夜勤が、面白くなってきたぞ!!!!!と、怪しい男以上の、ビックリマークを頭の中にため込んだ。

一方、オスカルは今月のアンドレの誕生日に何をプレゼントしようか、ずっと考えていたので、周囲の声が聞こえていなかった。
ロジェが、アラン達の声を聞きつけ、
「オスカルさま、向こうでなにやら、言い合っていますが・・・」

現実に戻されたオスカルは、面倒くさそうに耳を傾けた。
そして、行かなければならないのか?
アラン達がどうにかしてくれないのか?
と、様子をうかがってみたが、埒があきそうもなく、アラン始め第1班の面々の怒声が続くので仕方なく、そちらの方へ向かった。

植え込みの角を曲がると、件の場所に出た。
誰何されているオトコを見て、オスカルが声を上げた。
「フェ・・・ル・・・」

アランが、怪しい男を捕らえた優越感と、隊長が来た安心感の入り混じった声で、
「怪しい奴なので、逮捕しました。
なまえを名乗りません」

オスカルは、男を上から下まで見ると、アランに問いただした。
「何処からやって来た?
本当に、名乗らないのか?」

アランは、得意げに答えた。
すると、オスカルは、
「ならば、詰所まで来てもらおう。
アラン、武器を取り上げ、ロジェに渡してくれ・・・

そして、フランソワとふたりで、連行しろ!
他のものは、部署に戻れ!」

オスカルが、先頭を歩き、その後ろを、両脇を抱えられて、真っ青になった怪しい男が続いた。最後尾を、重たい武器を持ちなれないロジェが、恐る恐る付いてきた。

詰所に近づくと、アランが先を歩くオスカルに聞いてきた。
「隊長!この男、どちらの部屋に連れて行くんだ!?」
部下らしい言葉をしようとしたが、最後にとちってしまった。

が、そんな事も気に留めず、オスカルは、
「ああ、わたしの部屋に連れて来てくれ!
わたしが自ら、尋問する。
他の者の、立ち入りは禁ずる!」

その言葉に、アランはフェルゼン・・・おっと、まだ、怪しいオトコの腕を離して、
「隊長!我々は、アンドレから隊長の事はくれぐれもよろしく頼む・・・と、言われてるんです。こんな得体のしれないオトコと2人きりにするなんて、そんな、危ない事できやしやせんぜ!

せめて、縄でくくって、目隠しをして、猿ぐつわをさせて下さい!」
オスカルも、それもそうだと、思った。
では、後ろ手に縄をかけてくれ、わたしも軍人の端くれだ。丸腰の男なら、その位で十分だ!と言ってのけたので、アランは従うしかなかった。

オスカルの部屋・・・一応、詰所の司令官室となっているが、本隊のとは比べる迄もなく狭く、執務机が一つと、応接セットがあるだけだった。

ロジェは、腕が悲鳴を上げる前に、応接セットのテーブルに重い武器を置くことを許され、部屋の外で待機するよう命じられた。

程なくして、捕虜が連れてこられた。武器を取り上げられ、後ろ手に縄で縛られ、その上、最高級のアビが脱がされ、ブラウスとキュロットだけの姿だった。何がどうなっているのか分からない・・・青ざめていた顔が、さらに青くなっていた。

入って来た、元親友のこの姿を見て、オスカルは大爆笑をしたかったが、アランとフランソワが付いていたので、唇を思いっ切り嚙みしめて耐えた。この時の事は、勿論、次の月誕生日にアンドレに語られるはずだが・・・それは、また、先の話。

捕虜が、司令官室に入ると、オスカルは、アランらに退出を命じた。

しかし、アランは、アンドレに隊長を守るよう約束した。と言って聞かなかった。
仕方がないので、フランソワだけ部署に戻るよう告げた。
フランソワは、恨めしそうな眼をして、司令官室を後にした。

そして、アランには、これからこの部屋で起きる事は、全て他言無用と、命じた。
アランは、今までにない冷酷な隊長の姿が見られるのか!?と、とんでもない妄想を抱きはじめた。

部屋の中に、オスカル、アラン、オトコ、の3人になった。

オスカルの目が、男に向けられて笑った。
「ハハハ・・・アントワネットさまにお見せしたい姿だな!フェルゼン!」

ドアの前に銃を構えて立っていたアランの顔が、惚けた。

そんな事に構わずオスカルは、笑っている。
フェルゼンは、縛られた腕を窮屈そうにしながら・・・
「いい加減に、茶番はやめて、
この縄を解いてくれ、オスカル」

「ふふふふ・・・さあ、どうしようかなと考えている。アントワネットさまとお会いしていたのだろう?善良な軍の隊長としては、見なかった事にするのは、気が咎める!

わたしたちは、何年来の親友だったかな?」
此処でまた、アランの人相が変わった。
今度は、目が点になった。そして、隊長とフェルゼン伯爵をキョロキョロと見比べた。

相変わらず、アランの存在など忘れたようにオスカルは、続けた。

「18の時からだが、途絶えたのは、いつだったか・・・親友でいた年月と、どちらが長いのか、先程から考えてみたが、ちっとも分からない。
フェルゼン・・・おまえは、覚えているか?」

フェルゼンは、縛られてる手首が痛くて、其れどころでは無かったが、親友でなくなった理由が理由だけに、大人しくしているしか無かったが、痛みが限界を超えた。

「あゝ、そうだな、オスカル。
私も、庭園でおまえに会って以来、考えていた。
しかし、この手首の縄のせいで、中断されてしまった。
出来れば、解いて欲しいのだが・・・」
フェルゼンは、心底からの願いを伝えた。

フェルゼンの言葉を聞きながら、ソファーにゆったりと腰を下ろしたオスカルは、
今知った!と、ばかりに、
「え゛!縛られていたのか?それは済まなかった。」

と言うと、アランに縄を解くように命じた。
アランは、隊長の元親友であり、王妃の浮気相手であるこの高貴な男との会話が、何処に流れ着くのか、皆目見当が付かなかったが、チョイといたずらをしてやろうとした。

そして、フェルゼンの背後に周り、縄を解いている様な素振りをし、
「隊長!これは、かなりキッチリ縛ったので、解くのは難しいです。短剣でぶった斬らなければ、無理ですが、多少は、血も見ることになるやもしれませんぜ!」
と、さも、困ったように告げた。

その途端、深刻そうにしていたオスカルの顔が、輝いた。
そして、嬉しそうにソファーから軽々と立ち上がり、サーベルを抜いた。

フェルゼンの、顔がこの夜、一番青ざめた。
「オ・・・オスカル!おまえが、おれを切るのか?」
オスカルは、昔アンドレの髪を切った時より嬉しそうに、フェルゼンに近付いて行った。

「なんだ!おまえを切るんじゃない!
縄を切るのだ。それに、わたしの剣の腕は知っているだろう?
出血は最低限に抑えるから、ジッとしてろよ!」
と、言うなり、縄をブチッと切った。

フェルゼンは、自由になった腕をさすりさすりしながら、出血の具合いをみた。
オスカルは、背後から其れを確かめると、キャビネットを開けて、グラスを2つと、酒瓶を取り出してソファーの方へと、運んだ。

「ほら!フェルゼン、コレで身体の中からアルコール消毒しろ!」と言って、グラスにドボドボドボとブランデーを注いだ。

またまた、アランの人相が、変わった。
隊長が、ニコニコと笑っているのだ。

えー!っと、思った。隊長のお友達は、あのやたらメッチャ剣が強い海軍さんと、他2名だと、思っていた。
何があったか知らないが、途絶えていた元親友と、固めの杯を呑もうって事になっちまった。

あゝ、だから、女の隊長は、嫌だと思ったんだ。
考えることが、全く分からない!
この隊に来た時も、破天荒なやり方で、いつの間にか真ん中にでんと座りやがって・・・やってられねーったらこのことだ。

アンドレの奴、よくこのオンナとずっといられたな!・・・って、俺もだけどな!

アランが、己の思いに浸っている間に、以前親友だった2人は、ガンガン酒を酌み交わしていた。

「・・・そうだなぁ。そう言うことなら、また、親友に戻れるのだな。
嬉しいよ、オスカル。
それに・・・おめでとう!

このフランスでは、私はいつまで経っても余所者で、心から話が出来る友が出来なかったのだ。

だから、オーストリアから嫁がれて、やはり余所者相手をされて、孤独な想いをされているアントワネットさまと恋に落ちたのは、運命としか言いようがなかったのだよ」

フェルゼンの空になったグラスに、ブランデーを注ごうとして、オスカルの手が止まった。
「え゛!そこに落ち着くのか?
もっと、深いものは、無いのか?

俗に言うだろう?3Kが、良いとか・・・。」

またまたまた、アランの人相が変わった。
目をひん剥いて、顔を突き出し、オスカルを見つめた。

隊長!貴女は、アンドレが3Kだから、愛したのですか?
確かに、アイツは、背が高い。
収入も平民にしては、高い方だろう。
学問も幼い頃から隊長と学んできたと言うから、最高のものを受けてきただろう。

隊長・・・アナタは一体、なんなんですか?

怪しいオトコ・・・実はフェルゼン伯爵をこの部屋に連れてきて、未だそんなに時間が経っている訳ではないのに、アランは非常に疲れを感じていた。

疲れを感じていたが、ふと、思い立った。

だがな、この俺様だって、長身だ。
収入は、一応貴族だが、最低か・・・。
でも、学歴は正真正銘、士官学校を卒業している!
立派なもんだ。

アレ?アンドレが、言っていたな。
隊長は、士官学校の途中から王妃の護衛に抜擢された。と、・・・
という事は、士官学校、卒業していないのか?
今度、アンドレに聞いてみるか?
お!それよりも、隊長にからかい半分で、聞いた方が楽しいなっと!

その間にも、元親友で今日からまた親友の話は、弾んでいた。

「・・・で、フェルゼン。アントワネットさまとお会いする時は、LINEで連絡を取るのか?」オスカルは、アンドレとは、同じ屋根の下に居るので、連絡を取り合って『会う』という事に、興味津々だった。

すると、フェルゼンは、渋い顔をして、
「LINE出来れば、簡単だが、私達の場合、一応不倫だろう?
当局のチェックが入ってしまう」

オスカルが、では、どうしているのだ?と催促した。フェルゼンも長い間誰にも話せずにストレスとなっていただけに、調子に乗って話し出した。

「暗号を使うんだ。この紙を見てくれ。分かるか?」
オスカルは、上質な紙を受け取ると、文面を読みはじめた。が、アルファベットと数字の羅列で全く分からない。首をふりふりしながら、返した。

フェルゼンは、アントワネットさまと長い時間を掛けて編み出したものなのだ。
我々にも、読むのにも時間が掛かるし、書くのにも時間がかかる。

だけど、この方法が一番なのだ。と言った。

ただ、暗号文を書くのに、1週間掛かり、読み解くのにまた、1週間。返事を書くのに、1週間.返事を受け取ってから、1週間。

その上、どちらかが、提案した予定の都合が悪かったら、又最初からやり直しだ!まだるっこしいと言ったら、この上ないのだ。おまえ達のように、同じ屋根の下にでも、住みたいものだ。フェルゼンは一気にまくし立てた。

すると、オスカルは、ふ~~~んと、聞きながら、でも、わたし達は、同じ屋根の下に住んでいても、月誕生日にしか、目を合わせられないのだぞ。
これもこれで、かわいそうだと思わないのか?

こうして、改めて親友となった2人は、己の方が、不幸だ!合戦を始めた。

ドアの前で、銃にもたれ掛かって、聞いていたアランは、馬鹿馬鹿しくなってきた。ジャルジェ准将、フェルゼン伯爵と言えば、このヴェルサイユでは、大も大!最大と言える貴族ではないか?その、ボンボンと次期当主の話とは思えなかった。

アランが、思いっ切り呆れかえって、天井を見上げて大あくびをしていたら、オスカルの大きな声が響いた!

「そうだ!フェルゼン!おまえ達も、わたし達同様、月誕生日に会えばいい!
そうすれば、連絡など取り合わずにすむ。
そうしろ!フェルゼン!それに、親友だろう?わたしと同じ境遇になってくれても、いいのじゃないか?」
オスカルは、かなり乗り気だった。

フェルゼンは、ふむふむと聞き、しばらく、考え込んだ。
その間に、オスカルはブランデーを注ごうとして、瓶がかなり軽くなっている事に気が付いた。

そして、戸口に立っているアランに、告げた。
ロジェに言って、司令官室から、酒を2-3本・・・ああ、それでは、足りないな。
5-6本持ってくるように。

それから、ジョルジュが、仮眠室にいるから、起こしてくれ。
こちらにも厨房があるから、簡単なつまみを作ってくれと伝えるよう・・・頼んでくれ!

アランの目が、また、点になった。え゛・・・隊長・・・今日の夜勤は終わりですか?
こいつと朝まで、お飲みになるつもりですかい?
つ~~~~か!俺にも一口位くれてもいいものが・・・お貴族さまは、仕えるものを人間と思っていないって・・・貴女は違うと思っていやしたが、・・・残念です。

程なくして、酒とジョルジュが届いた。
その頃には、フェルゼンも、オスカルの申し出を承知し、明朝、オスカルがこの件を、アントワネットさまにLINEする事にした。

すると、オスカルは、そろそろ本気で呑もう!と言い出し、アランの顔は、もう形容しがたいものになっていた。

だが、オスカルは、アランの方を向いて、
「そういう事だ!アラン!分かったな?
今宵、此処で話された事は、決して、他言無用だ!
話したら、おまえも、アントワネットさまの不倫に手を貸した事になるからな!」

「おお、アランと言うのか?
世話をかけてすまないな!
そうだ、ついでに、我々と呑めばいい!
そこまでやれば、夜勤勤務放棄・・・と言う、罰則も付いて、今夜の事は門外不出となる!」

こうして、オスカル、フェルゼンとアランと言う、一見どうして集まったのか、
分からないメンツは、意外と気が合って、朝まで飲み明かした。

夜勤が明けると、アランは、同僚に酒臭いのを隠し、そっとベッドに入った。
オスカルは、いつも通り、ロジェとジョルジュを連れて、ジャルジェ家に帰った。
フェルゼンも、これから、間違いなくアントワネットさまに会える喜びに、足取りもおぼつかなく詰所を後にした。

8月4日の朝だった。
今日は、フェルゼンの月誕生日であった。

つづく



COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください